病院で行う治療は常に発展を遂げ保険の範囲なども進んでいます

心地の良い空間作り

今までのイメージが変わる空間作りをしている歯科医

虫歯などで歯科医にかかるとき多くの人は、クツを脱いでスリッパに履き替えて、診療台がいくつか並んでいる場所で施術を受け、他の患者と顔を合わせることもある、というイメージを抱く場合があるでしょう。 これまでの一般的な歯科医では、多くみられる形態ですが、最近は患者にとって居心地がいいと思える空間づくりを目指している歯科が少なくありません。 ただ衛生的というだけでなく、個室を設けるなどのくつろげる空間としての雰囲気作りが行われています。 歯科医は「痛い」「怖い」というイメージを抱いている人も少なくありません。 とくに小さな子供なら余計にそう思うでしょう。 小児歯科の中には、小さな子供が喜ぶキャラクターなどを用いた飾り付けを行ったり、怖いイメージを抱かせない工夫をしているところもあります。

今後歯科にはどんな未来が待っているのか

現在、歯の再生医療の研究がすすんでいます。 子供から大人へと成長する段階で、乳歯が永久歯に生え変わりますが、重度の虫歯や歯周病で永久歯を失ってしまうケースは少なくありません。 とくに、年齢が上がるとともに歯を失う人の数は増加する傾向にあります。 歯科における再生医療は、自分の細胞を使って歯を失った場所で自分の歯を育てるという医療法です。 抜いた歯に含まれている歯髄細胞の働きが注目され、将来臓器や体の一部を失ったときに役立てようとする「歯髄細胞バンク」が始まっています。 再生医療は歯科以外の分野でも注目され、臨床実験がすすめられています。 今後、歯科では再生医療を用いた施術が一般的になる日が、そう遠い未来ではないかもしれません。

Copyright (c) 2015 病院で行う治療は常に発展を遂げ保険の範囲なども進んでいます all reserved.